今朝、職場へ向かうためいつものように車に乗り込んでキーを回すと、「キュル・・・キュル・・・」となんとも弱々しい音がするではないですか!

ふと上を見上げるとやはり昨日点けて消したはずの車内灯が未だついていたため全てを悟りました。

そうです。(元々バッテリーが弱っていたこともあり)バッテリーが上がっていたのです(T△T)

焦燥感にかられながら打開策を考えたところ、倉庫の奥のほうにしまいこんでいたバッテリー充電器で充電する方法を思いついたのですが、充電器はかなり古く能力も未知数だったためいささか時間が足りないだろうという結論に至り、結局家族の車を借りて出社しました。

しかし、その間に充電してもらっていたところなんと充電を始めて1分くらいでエンジンがかかったというではありませんか。

あっという間に問題が解決していたのです。それなら初めから充電してみれば良かったんですが買ってから15年は経っている充電器だったので、なんとなく駄目だろうと思っていたのでしょうね。

こんなときの為に買ってあった物のはずなのに、いざその時になっても使っていないという失態をおかしてしまったわけです。

あると便利なはずなんですけど・・・。

関連記事

  1. ☆ 床の張替え・洗面化粧台取替え ☆

@oasisplus Twitter

営業時間・アクセス

097-582-1090
営業時間:月〜土曜日8:30 - 6:00
定休日:日曜日
ページ上部へ戻る