冬のパソコンは静電気と結露が大敵です。

ちらほらと雪の便りが聞かれます。
人間もパソコンも静電気と結露に悩まされる季節が来ます。

寒い外から暖かい部屋に入るとメガネがくもる。これが結露です。
そして金属性のドアノブを触るとビリッとくる。これが静電気です。
どちらもパソコン(電子回路)が苦手とする水分と電荷(高電圧)が正体です。

冷え切ったパソコンを加湿された暖かい部屋に持ち込むと結露します。
湿度が低いと静電気が溜まりやすくなります。
冬はその機会が多い季節なのです。

電子回路に結露すると電気が流れますし、
静電気が放電すると電子回路に電気が流れます。
この電流によって電子回路が損傷したり、誤動作するのです。

結露と静電気からパソコンを守るため次のことに注意してください。(1)パソコンを移動する際、低い温度のところから高い温度のところへ持ち込むときは、結露がないことを確認して、電源を入れてください。
皆さんはパソコンを持ち運ぶ機会が多いと思います。冷え切ったパソコンを温かい部屋に持ち込むとメガネと同じように必ず結露します。
パソコンが冷えないように工夫するか、万が一結露していた場合は結露がなくなるまで電源を入れないでください。
パソコン教室へ持ち込む等、持込先で直ぐに使う場合は、パソコンを暖かくして運んでください。そうしないと、講座が始まっても、電源が投入できないということになってしまいます。

(2)パソコンを使うときは身体に溜まった静電気を放電してから使ってください。
最近のパソコンは静電気対策が十分施されていますが、想定外の静電気もありますので、注意してください。水道管などの金属部分に触れば放電されます。また、部屋の加湿も効果的です。

(3)メモリ増設、内部掃除等で電子回路に触る可能性がある作業は、必ず静電気対策を実施してください。できれば、このような作業は冬場は避けた方が無難です。

【確認】
パソコンの仕様書に書かれている温湿度条件です。
温度 5~35℃/湿度 20~80%RH(動作時)、
温度 -10~60℃/湿度 20~80%RH(非動作時)
(ただし、動作時、非動作時とも結露しないこと)
結露に対しては非動作時も許されていません。万が一結露で異常になってもメーカーは保証しないということです。
加湿すると結露しやすく、乾燥すると静電気が溜まりやすい。厄介な季節です。
注意しましょう。

株式会社オアシス 代表取締役 得丸英利  
問合せ先 estate@oasisu.co.jp 
TEL 097-582-1375まで
オアシスの不動産物件情報は下記をクリックして下さい。
九州の田舎暮らし(九州カントリー)を応援する。

田舎ねっと九州 新規就農 田舎不動産情報の大分県由布市 株式会社 オアシス不動産部HP

オアシスのインターネットショップはマルデポ

オアシスの農機具はこちら

オアシスのリフォームはこちらへ

ただいまランキング参加中、「ポチっ」とお願いします!!

関連記事

  1. 下湯平共同温泉 幸せの湯

@oasisplus Twitter

営業時間・アクセス

097-582-1090
営業時間:月〜土曜日8:30 - 6:00
定休日:日曜日
ページ上部へ戻る