臼杵市 臼杵石仏

臼杵市 臼杵石仏

臼杵石仏(磨崖仏)は平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻されたと云われています。わが国を代表する石仏群で平成7年に磨崖仏では全国初、彫刻としても九州初の国宝に指定されています。
石仏群は4群に分かれ、地名によって、ホキ石仏第1群(堂ヶ迫石仏)、同第2群、山王山石仏、古園石仏と名づけられています。
その中でも古園石仏が中心的な石仏ですが、ここはかってこの地に栄えた満月寺(まんがつじ)の本堂であったと考えられています。中尊の大日如来坐像は5つの仏を描いた五仏宝冠という冠をかぶっていましたが、頭部が崖から剥がれ落ちた時に壊れました。この大日如来坐像の頭の部分は永い間台座に安置されていましたが、平成5年8月に復元工事が終わり造営当時の見事な姿に戻ることができました。
大日如来坐像は半月型の長い眉と抑揚のある伏し目の表情、引き締まった唇など気品のある美しさで我が国の石仏中の絶品と言われています。臼杵石仏の制作者については、真名長者小五郎(炭焼小五郎)が、敏達天皇の時代に、中国から蓮城法師を招いて造顕したという伝説が残っている。


大日如来坐像

大日如来仏頭模型
中尊の大日如来坐像は仏頭が地面に落ちていて台座に置かれていました。
平成6年に保存修理工事を終え、数百年ぶりに元のお姿に戻られた仏です。
この模型は修復工事の際使用した仏頭の石膏型から作っています


パノラマ写真



臼杵市 臼杵石仏 動画360度

臼杵市 石仏公園から360度動画

株式会社オアシス 代表取締役 得丸英利

問合せ先 estate@oasisu.co.jp

TEL 097-582-1375まで

オアシスの不動産物件情報は下記をクリックして下さい。

九州の田舎暮らしを応援する。
田舎ねっと九州 田舎不動産情報の大分県由布市 株式会社 オアシス不動産部HP

オアシスのインターネットショップはマルデポ

オアシスの農機具はこちらへ

オアシスのリフォームはこちらへ

関連記事

  1. ☆ ホーロー流し台 コンロ台 取替え工事 ☆

@oasisplus Twitter

営業時間・アクセス

097-582-1090
営業時間:月〜土曜日8:30 - 6:00
定休日:日曜日
ページ上部へ戻る