「蘿蔔」 さて何と読むのでしょうか?

日本で一番多く栽培されている冬野菜の王様は? そうです「大根」です。日本人は古来、この大根を「蘿蔔(すずしろ)」と呼び、神聖な存在として今日まで食べ続けてきました。一説によると、神社などの「しめ縄」はこの大根の姿を模しているとも言われているそうです。春の七草にも登場するこのすずしろ、日本の在来種かと思うと実は原産は中央アジアとか地中海沿岸なんです。日本には、弥生のころ中国を経由して伝わったと言われています。大根は世界中で栽培され、その地域の土の性質によって根っこが様々な形に進化してきた面白い野菜です。太さや丸さ、長さなど見た目でも楽しませてくれます。例えば、桜島大根、この大根は世界で一番大きな大根として有名です。また大阪あたりから生まれた守口大根は太さこそ2~3センチですが、長さは2~3メートルと長さ部門では堂々第1位。それぞれの地域の「おらが大根」はその特徴をいかして色々な地方色豊かな食べ物になっているのですね。
大根は大きく「白首」と「青首」に分かれています。白首は青首よりおおよそ倍辛い品種で、辛~い大根おろしが好みの人にはもってこいの大根です。この2種類の大根の元はというと、現在の愛知県あたりで古くから作られていた「方領」という品種で、これをベースに耕土の深い関東地方で広まった大根が「三浦大根」や「練馬大根」などの白首です。そして、耕土の浅い地域に根ざしていった大根が「宮重大根」に代表される青首です。
青首の名は、首が地上部に出て光に当たった部分が緑色に変化することからついたものだそうです。

株式会社オアシス 代表取締役 得丸英利

問合せ先 estate@oasisu.co.jp

TEL 097-582-1375まで

オアシスの不動産物件情報は下記をクリックして下さい。

九州の田舎暮らし(九州カントリー)を応援する。

田舎ねっと九州 新規就農 田舎不動産情報の大分県由布市 株式会社 オアシス不動産部HP

オアシスのインターネットショップはマルデポ

オアシスの農機具はこちらへ

オアシスのリフォームはこちらへ

ただいまランキング参加中、「ポチっ」とお願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

  1. 【763465】軽着火シリーズ CRチャッカマン用補助具(チャッカマン付)

@oasisplus Twitter

営業時間・アクセス

097-582-1090
営業時間:月〜土曜日8:30 - 6:00
定休日:日曜日
ページ上部へ戻る