日田市上津江町 オートポリス

ミルキーロードから右折する熊本畜産試験場がありその先にオートポリスがありました。
初めて見ましたが、広大な敷地にサーキット場があり流石、世界に通用する施設だと思いました。そこでオープンから現在までを調べてみました。

オープン [編集]
元々ゴルフ場建設予定地でオイルショックにより計画が頓挫していた広大な土地に、不動産開発業者で、オートポリスの運営会社である「日本オートポリス」の社長・鶴巻智徳の指揮により、バブル景気全盛期の1990年にオープンした。オープンに合わせて同年11月30日には、竹下登元首相などを招待し東京全日空ホテルでオープニングパーティーが行われた。
なお鶴巻は、1989年に同ホテルで行われたオークションで、パブロ・ピカソの「ピエレットの婚礼」を5160万ドルで競り落としたことで世界的に有名となっていた。
1991年3月には、こけら落としイベントとも言える全日本F3000選手権が開催され、決勝日には7万人を超える大観衆が押し寄せ、スタンドを埋め尽くした。
1991年10月にはオートポリス初のFIA公認世界選手権レースとなるスポーツカー世界選手権(SWC)の最終戦が開催され、F1デビュー間もないミハエル・シューマッハも出走し、優勝を飾っている。
F1誘致 [編集]
オートポリスは当初からF1開催を目指して建設されたサーキットで、1990年と1991年にはネルソン・ピケがドライブするベネトンチームのスポンサーとなるなど、積極的にF1の誘致活動を行っていた。この活動が実り、1993年にはF1第3戦に「アジアGP」として初開催される予定であった。
充実した施設 [編集]
F1開催に向けて、2万人の観客を収容できる最終コーナースタンドや、コースを見渡せるホテル「ベラ・ビスタ」、美術館、3回ワールドチャンピオンとなったネルソン・ピケの博物館、カートコース、ヘリポートなどを備えていた。
なお、サーキット内のホテル「ベラ・ビスタ」は、わずか28室の高級ホテルとして建設され、他にも350室のリゾートホテルが建設される予定であった。また美術館には、鶴巻が購入したピカソの作品の他に、ルネ・マグリットやクロード・モネ、フィンセント・ファン・ゴッホなどの作品を展示する予定であった。
また、オートポリス独自のワンメイクフォーミュラ「FC45」のレースが1991年から開催された。FCとは当時の社長の名前からフォーミュラ・クレーン(鶴)と言われている。45は排気量(4500cc)。
倒産 [編集]
しかし、バブル崩壊により1992年に「日本オートポリス」は倒産。当然F1開催はキャンセルとなった。美術館とホテルは閉鎖され、美術品は債権者に差し押さえられることとなった。また、「FC45」もこの年限りで終了となった。
翌1993年には、債権者であるゼネコンのハザマが「大分阿蘇レーシングパーク」として運営を続けるものの、アクセスの悪い山間奥地にあるため経営が成り立たず、サーキットそのものの存続自体が危ぶまれる状態に陥ってしまう。
再建 [編集]
1996年にハザマより上津江村(当時)に抵当権付きのままながらも無償譲渡された後は、地元住民によるボランティアの協力等を得つつ、第3セクターの有限会社かみつえグリーン商事によってサーキットの運営を継続。名称も、知名度の高かった「オートポリス」に戻された。その頃はビッグレースは開催不能で、走行会やアマチュアレース中心の運営であった。
1999年11月にはオールスター戦ではあるものの全日本GT選手権が初めて開催され、季節外れの大雪の中、5万人近い観客を集める。
2002年からは全日本ロードレース選手権、2003年からは経営が行き詰った美祢サーキットに代わる形で全日本GT選手権が開催されるようになってきた他、2006年にはフォーミュラ・ニッポンも開催されるなど、徐々に運営は上向きとなった。
現在 [編集]
2005年3月に川崎重工が同サーキットを買収したことを発表。同月、市町村合併で上津江村が日田市に編入合併した事も関係あるといわれている。2008年現在、同社の二輪車の開発用テストコースとして活用する一方で、全日本格式をはじめとする各種レースイベントも継続して開催されている。なお、川崎重工は、同じ大分県内にSPA直入という二輪用サーキットを所有していたが、オートポリス買収後もSPA直入は運営を続けている。ホテル「ベラ・ビスタ」や美術館の建物は取り壊され空き地になっている。
2011年にはSUPER GTが復活し、フォーミュラ・ニッポンが2&4として全日本ロードレース選手権(ST600)と併催で開催され、それとは別に全日本ロードレース(全クラス)がASIAN GPと併催で開催されるなど、大きくレーススケジュールが変更になる。
以上です。

詳しくはこちらをクリックしてください。
株式会社オアシス 代表取締役 得丸英利

問合せ先 estate@oasisu.co.jp

TEL 097-582-1375まで

オアシスの不動産物件情報は下記をクリックして下さい。

九州の田舎暮らし(九州カントリー)を応援する。

田舎ねっと九州 新規就農 田舎不動産情報の大分県由布市 株式会社 オアシス不動産部HP

オアシスのインターネットショップはマルデポ

オアシスの農機具はこちらへ

オアシスのリフォームはこちらへ

ただいまランキング参加中、「ポチっ」とお願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

  1. 土地の造成工事

@oasisplus Twitter

営業時間・アクセス

097-582-1090
営業時間:月〜土曜日8:30 - 6:00
定休日:日曜日
ページ上部へ戻る